「トモダチ作戦」兵士たちの放射線障害と裁判

講師:エイミー・ツジモト氏 (フリーランス国際ジャーナリスト)

日時:2018年1021(日)午前10時~12時
会場:近江町いちば館 4階 集会室
    金沢市青草町88
主催:石川県保険医協会

   http://ishikawahokeni.jp/

■参加費:なし
■申込み:必要
お名前と電話番号を主催者までお知らせください。

=======
東日本大震災から約7年半。
称賛されたトモダチ作戦の裏で、
従事した兵士たちは白血病など様々な病を
発症していた。
被害の補償を求め、元兵士らが提訴。
現在、原告数は400人以上にのぼる。
誰が、何を隠そうとしているのか――
『漂流するトモダチ アメリカの被ばく裁判』(エィミ・ツジモト/田井中雅人著2018年1月/朝日新聞出版)より
 

■エイミー・ツジモト氏
アメリカ・ワシントン州出身。ヨーロッパ・オセアニア・日本に在住し、日系移民の歴史や捕虜問題をはじめ現代史に関する記事を多数発表。近年は、アメリカにおける政治・外交についての記事を日米両国に寄稿。著書に『消えた遺骨―フェザーストン捕虜収容所暴動事件の真実』(芙蓉書房出版、2005年)、共著に『漂流するトモダチ―アメリカの被ばく裁判』(朝日新聞出版、2018年)がある。