2021年3月14日(日)に開催した石川県保険医協会第47回総会記念企画/第18回原発・いのち・みらいシリーズ講演会について、第1部講演部分の動画を公開しました。講演資料、関連資料も合わせてご覧ください。

―東京電力福島第一原発事故発生から10年―
  原発・いのち・みらい
日 時:2021年3月14日(日)14時~17時 【終了】
会 場:ホテル金沢 2階 ダイヤモンド
講 師:菅谷昭さん(松本大学学長・元松本市長)
    小出裕章さん(元京都大学原子炉実験所助教)
    おしどりマコ・ケンさん(芸人・記者)
チラシ:こちらをクリックしてください。

■講演動画 
<第1部>
小出裕章さん 「困難を極めるフクシマ事故の収束」
おしどりマコケンさん 「関心と監視は自分と世界と未来のため」
菅谷昭さん 「福島原発事故の小児甲状腺検査の問題点」

  ■講演資料
  ・小出裕章さん
  ・おしどりマコケンさん
  ・菅谷昭さん

<関連資料>
第1部 講演部分の報告記事(石川保険医新聞2021年4月号)
第2部 ディスカッション部分の報告記事(石川保険医新聞2021年5月号)
石川保険医新聞2021年3月号特集「福島からの手紙」特設ページ