新型コロナワクチンの個別接種において、以下の財政支援が示されています。

当初は対象期間が7月末までとされていましたが、2021年6月18日厚労省事務連絡により、以下1と2の支援が当面の間継続することとされました。具体的な終期については改めて通知する予定とされています。

申請方法は、詳細が示され次第ご紹介します。

1.時間外の接種費用は2,800円(+730円)、休日は4,200円(+2,130円)

この財政支援における事前外・休日の考え方は診療の休日加算等の考え方とは異なります。
①時間外・・・平日(月~土)における診療日の標榜時間外
②休日・・・休診日(平日も含む)、日曜・祝日(日・祝を標榜時間としている医療機関内でも全ての時間が上乗せの対象)

2.接種回数に応じた支援

(1) 週100回以上の接種 診療所

① 週100回以上接種を4週間以上行う場合、週100回以上行った週は1回2,000円上乗せ
② 週150回以上接種を4週間以上行う場合、週150回以上行った週は1回3,000円上乗せ
※「7月末まで/8・9月/10・11 月」の、それぞれの期間において、4週間以上行った場合に対象となる。
【例】
7月末までに週100回以上の週が5週間ある→7月末までで週100回以上の週は1回2,000円上乗せ
8~9月に週100回以上の週が3週間ある→8~9月の接種は上乗せなし
※2,000円・3,000円の上乗せを受けられない週において、1日50回以上の接種を行った日は(2)の支援を受けられる。

(2) 1日50回以上の接種 診療所 病院

1日50回以上の接種を行った場合は1日10万円交付(診療所は(1)の要件を満たさない週に限る)

(3) 1日50回以上接種の日が週1日以上あり、その週が4週間以上 病院

(2)に加えて、医師1人1時間あたり7,550円、看護師等1人1時間あたり2,760円追加交付
※「7月末まで/8・9月/10・11 月」の、それぞれの期間において、4週間以上行った場合に対象となる。